Event is FINISHED

「地域とブランディング戦略」早朝朝食勉強交流会

Description

<<日経キ


ャリアマガジン誌・日経BizCEO協賛>>

2018年3/2(金)アーリーバード

「地域とブランディング戦略」

関西大学商学部教授/一般社団法人 ブランド戦略研究所理事長日本商業学会元会長/日本広告学会元理事/日本ダイレクトマーケティング学会理事

陶山計介(すやまけいすけ)氏

Dr. Keisuke Suyama
PhD., Kyoto Univ.

早朝朝食勉強交流会「アーリーバード」開催概要


陶山計介(すやまけいすけ)氏
場所東京・日本橋エリア 
日時2018年3月2日(金) 
テーマ「地域とブランディング戦略」
趣旨企業同様、街づくりにブランディングを活かす事例とは?
限られたリソースで地域・地方創成を進めるために必要な視点とは?

スピーカー関西大学商学部教授/一般社団法人 ブランド戦略研究所理事長/日本商業学会元会長日本広告学会元理事/日本ダイレクトマーケティング学会理事


プロフィール略歴
●1982年、京都大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得。博士(経済学)。専門はブランド・マーケティング。

●訳書に『ブランド・エクイティ戦略』(アーカー)『ブランド優位の戦略』『バリュースペース戦略』(いずれもダイヤモンド社)、著書に『マーケティング戦略と需給斉合』(中央経済社)をはじめ、『日本型ブランド優位戦略』(ダイヤモンド社)、『マーケティング・ネットワーク論』 (有斐閣) 、『大阪ブランド・ルネッサンス』 、『よくわかる現代マーケティング』(ともにミネルヴァ書房)等がある。

●産業界では、トヨタ、リクルート、JH、ハウス、イズミヤ、大阪府等多数の企業、各種団体の幹部研修も行い、産学交流を推進している。 文科省、経産省等の専門委員や大阪ブランドコミッティ・プロデューサー等、学外活動多数。

学歴・職歴
1950年 岡山県に生まれる。
1969年 岡山県立岡山朝日高等学校卒業
1973年 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業
1978年 京都大学大学院経済学研究科修士課程修了
1982年 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得後退学
1982年 関西大学商学部助手
1985年 関西大学商学部専任講師
1988年 関西大学商学部助教授
1990年 UCバークレー校 経営大学院(HAAS)客員研究員(1年)
1995年 関西大学商学部教授、現在に至る。京都大学博士(経済学)
2002年 英国エジンバラ大学マネジメントスクール客員教授(6ヶ月)

研究概要
●IT革命とグローバル化、景気回復のなかで投資や生産、消費の二極化が進み、競争もますます厳しさを増した2006年。 キャノンやニコンといったデジタル一眼レフの人気、脳トレの代表格であるニンテンドーDS、SNSなどネットの新しい可能性をあらわすウェブ2.0、 その他ショッピングセンター、ICきっぷ、メタボリック対策商品、軽Carなどが最大のヒット商品になったのはなぜか。 どのようにすればこうしたヒット商品を生むことができるのか。 ものづくりの技術とともにマーケティングや広告の力が不可欠であることはいうまでもない。 価格戦略や流通戦略も重要である。さらに地域や都市、国レベルにもマーケティングが適用されつつある。 -時代(いま)をキーワードにしながらマーケティング・マネジメントの理論と現実に需給斉合という視角から迫っていきたい。

受賞歴
(社)日本経営協会平成2年度経営科学文献賞<奨励賞>受賞(『マーケティング・チャネル』中央経済社、1990年刊、共著にて)
日本商業学会平成6年度学会賞<優秀賞>受賞(『マーケティング戦略と需給斉合』中央経済社、1993年刊にて)

主要公職など
1991年7月11日~1992年3月31日 大阪府小売商業振興ビジョン企画委員会委員(副座長)
1993年7月~1995年3月 吹田市商工業振興ビジョン策定委員会委員(副会長)
1995年4月~1996年3月 大阪市商業活性化専門委員会委員
1995年9月~1998年3月 中小企業庁中小流通業懇談会委員
1997年7月17日~1999年7月16日 大阪府大規模小売店舗審議会委員
1999年1月21日~2000年3月 文部省学術審議会専門委員
1999年7月17日~2000年9月 大阪府大規模小売店舗審議会委員
1999年7月~2000年3月 財団法人 大学基準協会 平成11年度相互評価委員会経営学系専門評価分科会委員
1999年8月~2000年3月 とよなか地域商業活性化プラン策定委員会委員(副委員長)
2000年7月~2001年3月 財団法人 大学基準協会 平成12年度判定委員会経営学系専門審査分科会委員
2001年7月~2002年3月 財団法人 大学基準協会 平成13年度判定委員会経営学系専門審査分科会委員
2002年5月~2006年5月 日本商業学会副会長
2003年1月~2004年3月 大阪ブランド戦略検討委員会委員
2003年4月20日~2004年3月31日 財団法人 大学基準協会 平成15年度判定委員会経営学系専門審査分科会委員
2003年4月24日~2004年3月31日 文部科学省大学設置・学校法人審議会大学設置分科会専門委員会委員
2004年4月20日~2006年3月31日 財団法人 大学基準協会 平成16年度相互評価委員会商学系専門審査分科会主査
2004年7月26日~2005年3月31日 財団法人 大学基準協会 「特色ある大学教育支援プログラム」ペーパーレフェリー
2004年9月~2007年3月 大阪ブランドコミッティ(コラボレーションセンター)プロデューサー
2005年4月20日~2006年3月31日 財団法人 大学基準協会 平成17年度相互評価委員会商学系専門審査分科会主査
2005年8月10日~2005年12月31日 独立行政法人日本学術振興会「魅力ある大学院教育」イニシアティブ委員会分野別審査部会専門委員(書面審査委員)
2006年12月8日~2007年3月31日 神戸大学大学院・経営学研究科・評価委員会外部評価委員
2007年3月5日~2007年3月31日 「大学教育の国際化推進プログラム」ペーパーレフェリー
2007年4月5日~2008年3月31日 財団法人 大学基準協会 平成19年度大学評価委員会大学評価分科会第22群委員
2007年5月29日~2007年12月31日 独立行政法人日本学術振興会 大学院教育改革支援プログラム委員会分野別審査部会専門委員(書面審査委員)
2007年~2009年 経産省産学人材パートナーシップ経営・管理分科会委員
2010年5月~2011年5月 日本商業学会会長

会費無料
※セキュリティ&定員管理のためお申込みの無い方はご参加頂けません
人数30名限定(顔が見える勉強・交流)
申し込み方法申込ボタンよりPeatixからのチケットをもって席確保のご連絡にかえさせていただきます
参加資格ビジネスと交流に強い関心を持つ方で、ボランティアのゲストスピーカーや他の参加者から良いところを積極的に学ぶ姿勢をお持ちの方であれば、MBA同窓生以外の方もご参加いただけます。


『これまでのメディア取材』

●日経キャリア誌
●朝日新聞社「アエラ」誌
●BS日テレ「財部経済研究所」
●日経CNBC「夜エクスプレス」
●anan誌
●日経ビジネス「Associe」誌
ほか
※取材の問い合わせ等は上記申し込みフォームを送信下さい

『朝の時間の有効活用、していますか?』

毎月第一金曜日早朝7:30開催のパワーブレックファーストミーティングTokyo『Early Bird』は、前月20日前後に申込みを開始します。Early Birdは出入り自由ですが、席に限り(30人)があるため完全予約制とさせて頂いております。

是非、月一回1時間だけ早起きをして、有意義な時間の活用をしてみませんか。 グローバルタスクフォース(GTF)では、2001年よりMBA同窓生を中心として、毎回持ち回りで自分の業界のトピックや、専門職務、スキルなどに関する発見、失敗、成功体験などを20分程度で発表頂き、他のメンバーから学び、交流をする機会を設けています。

パワーブレックファーストミーティング「アーリーバード」とは?

毎回1人のショートスピーカーの話を伺った後、朝食をとりながら交流を深める早朝朝食型勉強会がTokyo Early Birdです。

それぞれの分野で想いを持つ参加者同士がスピーカーのお話を聞き、考えを共有することで、気づきを与え合う自律型次世代リーダー層の拡大を目指して開催をしています。

ボランティアベースの啓蒙の場

アーリーバードは一部のスポンサー様と参加者の皆さんによりボランティアベースで成り立っています。どんな著名なスピーカーの方も、参加者からのスピーカーも分け隔てなく“真の次世代リーダー輩出へ向けた啓蒙の場”というこの会の趣旨に賛同頂ける方に完全ボランティアベースでお願いをしています。

是非、スピーカーほかボランティアベースで協力頂いている皆さんのご好意をご理解いただけます様お願い致します。ビジネスと交流に強い関心を持つ方で、ボランティアのゲストスピーカーや他の参加者から積極的に学ぶ姿勢を持つ方であれば、MBA同窓生以外の方もご参加いただけます。

『これまでのテーマ抜粋』

マネジメント系●不確実な世界における意思決定(1)シナリオプランニング
●不確実な世界における意思決定(2)リアルオプション
●ラテラルマーケティング
●ブランドマネジメント
●企業価値評価
ほか
ソフトスキル系●心理学と言語学をべースにしたコミュニケーション「NLP」
●ビジネスEQ
●パワーハラスメント
●ヴォイストレーニング
●ディベート
ほか
業界研究系●Eラーニング業界
●バイオ・医薬業界
●小売業界(GMS)
●移動体通信業界
●Eコマース業界

など、年間12回、2001年より過去100回以上の勉強会が開催されています。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#318047 2018-02-21 03:57:10
More updates
Fri Mar 2, 2018
7:20 AM - 9:00 AM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
無料参加券 FULL
Venue Address
中央区京橋3−7−1 相互館110タワー Japan
Organizer
Global Taskforce (GTF)
673 Followers